4日目

ジャランアローのマッサージ屋に入ってみる。

2013.10.27

ブキビンタンの夜。本日も足つぼマッサージへ。ホテルのT-Hotel付近はマッサージ通りで、やたらと呼び込んでくる。

ジャランアローのマッサージ屋通り

ブキビンタンの街はオバちゃんが多い。そして、あきらかに怪しい。

ブキビンタンでフットマッサージ

モノは試し。適当に入ってみる。値段を聞くと、30分25リンギ。そんなに安くない。

「全身マッサージにしよう。」

「上に行こう」

やたら勧誘してくる。上がると面倒なのは分かってるので、1階のチェアに座る。諦めたようだ。

オバちゃんは諦めて、また店の外に呼び込みに戻り、奥から別の人が出てきた。で、いろいろ話を聞いた。

担当してくれた人はインドネシアの人で、毎年、出稼ぎに来てるそうです。月に休みは2日だけで、稼いで国に帰る。20時から6時まで働いて、月の給料は2500リンギで、インドネシアだったら2200リンギぐらい。大して変わらない。でも、クアラルンプールにはいろんな人がいるので、こっちの生活のほうが楽しいそうだ。中国生まれのチャイニーズは金が好きなので、すぐセックスマッサージに持ち込もうとするが、マレーシア生まれのチャイニーズは違うらしい。ちなみに、ワタシもやらないわよ!と笑ってた。話が面白かったので、1時間に延長していろいろ聞いた。

T-Hotelに戻ると今日も路上でライブやってる。うるさい。もうこのホテルは二度と泊まらない。

ジャランアローのマッサージ屋の場所