マレーシアメモ

マレーシア旅行記、語学留学、暮らし情報ブログ

クアラルンプール

マレーシアのバクテーはKa Ka Bak Kut Teh (家家肉骨茶)がオススメ!

更新日:

夜はミナミファミリーと合流。そして、ササキさん夫婦と一緒にバクテーを食べに行きました。

Ka Ka Bak Kut Teh (家家肉骨茶)

Ka Ka Bak Kut Teh (家家肉骨茶)

ブキビンタンからタクシーに乗ること1時間。どこか分からないが、有名なお店らしい。Ka Ka Bak Kut Teh (家家肉骨茶)。バクテーは肉体労働者の食事で、安くて栄養があるご飯。お店によって味が全然違うらしい。

バクテー

バクテー

めっちゃうまかった。スープだけでうまい!

こちらもバクテー

こちらもバクテー

こっちもバクテー。ドライバクテー。これもうまかったが、僕はスープのほうが好き。

バクテー屋さんの食器

バクテー屋さんの食器

ちなみに食器はこうして出てくる。なるほど。湯で殺菌なのですね。

いやー、それにしてもうまかった。こんなにバクテー食べたことない。お腹いっぱい。流れでバクテーのサイト作ったらいいじゃんって言われたけど、どうしたものか。

ササキさんはフィリピンのクラークで語学学校の事業開発をしてることもあって、いろいろお聞きできて楽しかった。もしかしたら知ってる学校じゃないかと思って、家に帰ってから調べたら違う学校だった。マーケットが広がらない韓国資本の語学学校が日本に売却するケースが増えているようだ。

その後は、ミナミさんと飲みに行く。インド人のマレーシア人がいた。カーストが高い人らしく、彼氏もカーストが高くないと親が認めないから彼氏ができないらしい。大問題らしい。Grand Millenniumホテルで働いていたので、どの国の英語も分かるわよって。マレーシアに住むインド人の話も興味深い。ミナミさんは自分のビジネスアイデアを話して、感想を聞く。現地の意見を鵜呑みにする必要はないけど、面白い。

-クアラルンプール
-

Copyright© マレーシアメモ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.